デントリペアのメリット・デメリット。

みよし市よりダイハツ・タントのオーナー様。大切にされている愛車をルンルンで洗車していたところ・・・

ダイハツ・タント

ガーン(>_<) 左のフロントドアにガッツリへこみを発見。お買い物に行かれた時に駐車場でやられたのかもとショックを隠せないご様子でした(^^;

ダイハツ・タント

ツールアクセスなどは問題無いのですが、逆アールの部分でしたので違和感が無いように仕上げるのに少々お時間は掛かりましたが何とかいい感じで仕上がりました!(^^)!

ダイハツ・タント

自然な映り込みもいい感じ(^^)/

ダイハツ・タント

左のスライドドアにもへこみがありました(>_<) 小さなエクボですがへこみの裏には補強があり、フロントドアよりも難しいケースになりました(^^; 苦戦をしても経験と根性でオーナー様の為に直すのがプロ。アクセスが出来ない、表からも引っ張る事が出来ない、へこみが物理的限界を超えている、塗装に傷、割れがあるなど、条件を満たさなければリペア出来ないというデメリットもあるのがデントリペア。

ダイハツ・タント

今回のようにフロントドア・スライドドアを板金塗装で修理をすると、へこみとは関係ないフロントフェンダーとリアクォーターまでぼかしという塗装の作業が入り、結果、左側側面を全て塗装しなければなりません。費用も高額になってしまうでしょう。

ダイハツ・タント

デントリペアはへこみだけを直す技術なので塗装をする事はありません。経年劣化でパテ痩せ、色が違うという心配も御座いません。新車時のオリジナルの塗装をそのままに、綺麗に修復できるのが最大のメリットです。費用を抑え、綺麗に直ればオーナー様にとってもメリットですね(^^♪ おっと!!オーナー様、コーティングの事を気になされていましたね。板金塗装だと確実にコーティングの塗り直しが必要ですが、デントリペアならコーティングを剥がすという事は無いので問題ありませんよ。

デントリペアはデメリットもあり万能ではありませんが、沢山のお客様がデントリペアの技術を体験されてメリットを感じて頂いています。小さなへこみ・エクボ・塗装にダメージがへこみで悩まれているオーナー様、地域のデントリペア専門店で見てもらって下さい。最善を尽くしてくれると思いますよ(*^。^*)

0 件のコメント

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©2018 DENT SNIPER

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?